風通しの良い職場とは?意味や必要なコミュニケーション、メリット・デメリットも解説

人間関係組織コミュニケーションリモートワークマネジメントコミュニケーション

理想的な組織像として掲げられることも多い「風通しの良い職場」とは、具体的にどのような組織のことを言うのでしょうか?本当に働きやすい環境づくりのためには、「風通しの良い職場」であることにどんな意味があるのか、メリット・デメリットの双方を理解したうえで環境や制度を整えていく必要があります。この記事では、「風通しの良い職場」に共通する特徴や必要となるコミュニケーション、メリット・デメリットから取り入れやすい具体的な取り組み例までわかりやすく解説します。

本記事のサマリー

  • 風通しの良い職場とは、自分の意見を率直に言いやすく、役職や立場を問わず社員同士の意見交換が活発な組織のこと。
  • 風通しの良い職場に共通する特徴としては、1.人間関係が良好であること、2.意見を言いやすい環境であること、3.コミュニケーションが活発であることが挙げられる。
  • 風通しの良い職場であることは組織に多くのメリットを与えるが、一歩間違うとデメリットになってしまう危険性もゼロではない。
  • メリットとしては、「組織改善の促進」「生産性の向上」「ミス・トラブルへの迅速な対応」そして「離職率の低下」などが期待できる。
  • 一方デメリットとしては、「緊張感の欠如」「オープンなコミュニケーションへの抵抗感」などが懸念される。
  • 理想的な風通しの良い職場をつくるためには、透明性のある情報共有や適度な緊張感を保つためメリハリ、メンバー個々への配慮が必要。
  • 風通しの良さを実現・維持するための取り組みは様々であり、メンバーや組織の状態に合う方法を選ぶと良い。

▶︎サーベイ不要のエンゲージメント改善サービス「wellday」詳細はこちら

風通しの良い職場とはどのような組織か

“風通しの良い職場”とは、自分の意見を率直に言いやすく、役職や立場を問わず社員同士の意見交換が活発な組織のことを言います。

風通しの良い職場に共通する特徴として、主に以下の3つが挙げられます。

1.人間関係が良好であること
2.意見を言いやすい環境であること
3.コミュニケーションが活発であること

それでは、これらの特徴について詳細を見ていきましょう。

1.人間関係が良好である

明るい雰囲気の中で社員同士が良好な人間関係を築けていることは、風通しの良い職場の基本です。

誰かの失敗を責める、成功を妬む、強い口調で命令をする、何を言っても否定される……このような重圧的な雰囲気の中では、萎縮してしまいストレスを感じてしまいます。

人間関係が良好な職場では、お互いを認め合い、助け合おうという文化があります。自分に無理のないコミュニケーションがとれるため、本音で意見交換をしやすい雰囲気が生まれるのです。

2.意見を言いやすい雰囲気である

風通しの良い職場では、役職や立場と関係なく、自分の意見を伝えやすい職場環境があります。

普段からメンバー間で意思疎通を図る機会がなく、先輩社員や上司からは指示の連絡しかなかったり、一人で孤立して業務を行っていたりすると、何か困ったことがあっても相談することをためらってしまうことがあるかもしれません。

良い意味で上下関係がフラットであることも重要です。役職や年齢、経験値などが過度にコミュニケーションに反映されてしまうと「自分はこんなことを言える立場ではない」という想いから、若手社員ほど意見やアイディアを率直に伝えにくくなってしまうためです。

立場を問わずそれぞれの意見を受け入れて認める風潮があれば、上からの指示を待つだけでなく一人一人が主体性を持って伸び伸びと働くことができるようになるでしょう。

3.コミュニケーションが活発である

活発なコミュニケーションは、挨拶を交わしあう、ちょっとでも悩みがあれば気軽に同僚や先輩社員に相談できる環境の中で生まれるものです。

何か特別なことがあったときだけ会話をするような関係性の中では、コミュニケーションが停滞してしまい情報共有がスムーズに行われません。

日頃から声を掛けあう明るい雰囲気の職場であれば安心感を持ちやすく、自ずと社員同士で様々な意見交換や情報共有が行われるようになってきます。

▶社員の本音がわかる!従業員の不調に素早く対処する方法

風通しの良い職場のメリット・デメリット

風通しの良い職場であることは組織に多くのメリットを与えますが、一歩間違うとデメリットになってしまう危険性もゼロではありません。本項では、風通しの良い職場のメリット・デメリットについてそれぞれ解説していきます。

メリット1.目的の実現に向けた組織改善が促進できる

多くの社員が議論に参加することによって、組織が目指す成果や目標達成など目的の実現に向けた様々なアイディアが生まれます。個人では気がつかなかった課題や改善策が出されるため、チーム一丸となって組織改善を促進することができるでしょう。

メリット2.業務効率化が進み、生産性をあげることができる

自分の意見がきっかけで組織が良い方向に進んでいることを実感できると、モチベーションの向上につながります。「組織に対して何かプラスの働きをしたい」「チームを助けたい」といった貢献意識が生まれ、生産性があがっていくという好循環が期待できます。

不明点を確認しやすいため「分からないために動けない」と言った状況も少なく、各自で円滑に業務を進めていくことができるでしょう。

情報共有の面では、会社のビジョンなどの情報がしっかりとメンバーにまで浸透していると、仕事を進める中での齟齬が起こりにくくスムーズに業務を進めていけるのもメリットのひとつです。

メリット3.ミスやトラブルに迅速に対応できる

風通しの良い職場では、ミスやトラブルが発生した際に早急にエスカレーションがあがることで、迅速にトラブル対応や軌道修正ができるという利点もあります。

何か問題が起きたときでも素早く解決をしていける職場環境であれば、メンバーも安心して働くことができるでしょう。

メリット4.離職を抑止することができる

厚生労働省が発表した「令和2年雇用動向調査結果の概要」の「転職入職者が前職を辞めた理由」を見ると「職場の人間関係が好ましくなかった」という結果が目立ちます。

以下の表は、「転職入職者が前職を辞めた理由」より20~40代を抜粋し、各年齢区分の中で最も回答割合の高い理由を一覧にしたものです。※「その他の理由(出向等を含む)」を除く

転職入職者が前職を辞めた理由

【出典】厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概要」をもとに筆者作表

周囲と協力し合って仕事における悩みを解決しやすい職場づくりをすることで、社員の離職を食い止められる可能性も多いにあり得ます。

▶社員の本音がわかる!従業員の不調に素早く対処する方法

デメリット1.緊張感に欠けてしまう可能性がある

フラットな関係性の中で自由に意見を言い合えるのは素晴らしいことですが、あまりにも追求しすぎると職場の緊張感がなくなってしまうリスクがあります。

気の緩みから業務に関係のない話が長くなり勤務態度がルーズになったり、全員の意見を取り入れようとして話がまとまらずに結局中途半端な状態になったりしてしまう可能性があります。また、「なんでも言っていい」という風潮から、感情的な発言を許容してしまうムードになるのも望ましくありません。

本末転倒な結果にならないためには、組織のリーダーが適切に舵をとり、メリハリのあるコミュニケーションがとれるように留意していく必要があります。

デメリット2.人によっては居心地が悪いと感じる可能性がある

社員の中には、人と話すのが苦手なタイプや活発な意見交換を好まないタイプの人もいるかもしれません。じっくりと考えてから結論を出したいのに、会議の場などで周囲がどんどん意見を出していくことに圧倒されてしまうケースもあるでしょう。その結果、居心地の悪さを感じてしまう可能性が考えられます。

無理に発言を強要することのないように、誰もが積極的に意見を発信していきたいタイプではないことを念頭に置いて、意見を吸い上げる工夫をするよう心掛けましょう。

▶︎welldayなら、AIが従業員の働きがいとストレスレベルを週次で可視化

風通しの良い職場にするために必要なコミュニケーション

前項に挙げたデメリットをカバーしながら、理想的な風通しの良い職場をつくるためにはどのようなコミュニケーションが必要となるのでしょうか。いくつかポイントをご紹介します。

“暗黙の了解”のような分かりにくいルールをなくす

社員が守るべき、会社の方針やルールについては明確に提示するようにしましょう。

いわゆる“暗黙の了解”のようなはっきりしない決まりごとがあると「これをすると叱られるのではないか」という不安を生んでしまいます。何をしてはいけないのか・何をして良いのかが明確に判断できるようになれば、働きやすさがアップするはずです。

オープンにしても問題ない情報であれば、なるべく多くの情報をメンバーに開示すると良いでしょう。そうすることで業務に意味を感じやすくなり、組織の一員としてのエンゲージメントの向上も期待できます。

適度な緊張感を保つためメリハリを意識する

仕事に対する緊張感の欠如は、生産性の低下に直結してしまう可能性があります。例えば、遅刻が増える、私語が多すぎるなど、メンバーの勤務態度にルーズさが垣間見えた際は上司やリーダーが率先して正していく必要があります。

メリハリをつけるために、仕事とは別に親睦を深められるような歓送迎会やランチ会といった社内イベントを企画するのも一案です。

また、身勝手な振る舞いや人として礼儀に反するような行為、職場の雰囲気を壊すような言動は厳しい態度で注意すべき事柄です。組織として必ず守るべきルールとして、周囲への気遣いをすることは一貫して伝えていくようにしましょう。

オープンなコミュニケーションが得意でない人にも配慮する

前述のとおり、人前で話すことを好まないタイプの人が居心地の悪さを感じないように気配りが必要です。

メンバーの意見を吸い上げたいときには、対面での会議でのヒアリングだけでなくメールやチャットツール、匿名アンケートなど非対面で意見を聞く方法も視野に入れましょう。

▶︎従業員の不調に素早く対処!従業員のサーベイ回答負担を増やさず、リアルタイムに不調を検知

<取り組み例>風通しの良さを実現・維持するためにできること

最後に、風通しの良い職場づくりのための取り組み例を6つ紹介します。できることから取り入れて風通しの良い職場の実現、維持を目指しましょう。

1.積極的に挨拶する

シンプルながら、挨拶は相手との距離感をぐっと近くしてくれるもの。

「〇〇さん、おはようございます」「〇〇さん、お疲れ様でした」と名前を付けて挨拶するだけで、声をかけられた側は自分の存在を認めてもらえていると感じ、「一人ではない」という安心感を持つことができます。

2.匿名アンケートを実施する

社内の風通しの良さや職場改善について、匿名アンケートなどで定期的に社員の意識調査を行うのも良いでしょう。

アンケートを実施する際は、実施の目的や共有結果も公表するようにしましょう。アンケートで明らかになった問題や不満に対して、優先度をつけてチームで解決のために施策を講じていくことで、個人の課題に対してチームで問題解決に取り組む風土づくりの醸成にも役立ちます。

3.社内イベントを企画・開催する

社員同士の親睦を深めるためには、バーベキュー大会や歓送迎会、キックオフなど業務から離れてみんなで楽しめるような社内イベントを企画・開催するのもおすすめです。

業務外で長時間拘束されるのはハードルが高いと感じるメンバーに配慮するなら、ランチ会や朝会など時間をかけずに交流の場をつくるのも良いでしょう。その他、希望者のみが参加できるサークル活動を取り入れる方法もあります。

4.相談できる環境をつくる

少しでも迷う点や困っていることがあれば、気軽に相談できる環境づくりも大切です。気分転換をするために適度な休憩を推奨し、たまに自席を離れ社員同士で雑談できるような職場環境をつくると、ちょっとしたことを相談しやすい雰囲気が生まれます。

また、上司と部下が1対1で話す時間を設ける「1on1ミーティング」や、先輩社員が後輩社員の相談に乗る「メンター制度」を導入するなど、些細な不安や疑問を解消できるような仕組みづくりに取り組むのも良いでしょう。

5.フリーアドレス制度を導入する

社員が個人のデスクを持たずに空いている席を自由に使う「フリーアドレス制度」を導入することで日常的に部署や役職を超えたコミュニケーションを促すことができます。

毎日座る席が決まっていると、どうしても限られた人との会話に偏りがちですが、自分が日頃行っている業務とは違う仕事をしている人と話すことで新たな視点を持つこともあるでしょう。

6.コミュニケーションツールを導入する

社員同士の対面でのコミュニケーションの機会が少ないようであれば、チャットができるアプリなどのコミュニケーションツールを導入するのも有効です。

▶︎目指したい組織の状態にあわせたゴール設定が可能。Welldayで理想の組織づくりを実現

まとめ

一般的には好感度の高い印象のある「風通し良い職場」。しかし、一定の節度を守らなければデメリットにも転じてしまうこと、オープンなコミュニケーションに抵抗を感じるメンバーにはプレッシャーを与えてしまう可能性があることなどがわかりました。

メンバーの個性を重視し、一人一人の居心地の良い職場環境をつくっていくためには組織の特徴にあった方法で風通しの良い職場づくりに取り組んでいく必要があります。

「wellday」は、メンバーへのアンケートやサーベイを実施せずにリアルタイムでのメンバーごとのコンディション管理と組織の状態に合わせた課題解決に役立つエンゲージメント改善サービス。「風通しの良い職場」を実現し、快適な職場環境を整えるために、ぜひお役立てください。

▶︎サーベイ不要のエンゲージメント改善サービス「wellday」詳細はこちら

マネジメントでお悩みの方はこちらの記事もチェック!

離職の原因となる「人間関係」の改善に!
▶︎職場の人間関係を改善するには?よりよい組織にするための方法を解説

感謝を伝え合う「サンクスカード」は効果的?
▶︎サンクスカードとは?効果やデメリット、運用のコツを解説!

コミュニケーションを活発にするためのヒント
▶︎組織コミュニケーションの活性化方法を8つの施策と3つの例とともに解説!

【はたらく人の実情を客観的指標で視覚化し、従業員課題を解決!】

●Slack / Teamsでのテキストデータから従業員のワーク・エンゲージメントの予測が可能。

●従業員それぞれのエンゲージメント・スコアを可視化し、改善策がまとまったライブラリーを提供。

●安心安全のセキュリティ。すべての通信は暗号化され、データは厳重に保護されたデータセンターに保管。

関連する記事

9月24日
1on1(ワンオンワン)とは?目的や内容、テーマの例を紹介!
マネジメント1on1
7月14日
職場の人間関係を改善するには?よりよい組織にするための方法を解説
人間関係組織コミュニケーション定着率サンクスカードワーク・エンゲージメント
6月9日
「ボトムアップ」と「トップダウン」の違いは?特徴について徹底解説
組織コミュニケーションチームコミュニケーション組織
10月22日
セクショナリズムとは?定義や対策をご紹介!
チームマネジメントコミュニケーションチームビルディングセクショナリズム人間関係
6月21日
見える化とは?組織の業務改善・環境づくりのために取り組むべきこと
職場環境リモートワークマネジメントマネジメントコミュニケーション
8月19日
職場環境の具体的な改善方法とは?従業員のストレス要因を正しく把握するために
職場環境ワーク・エンゲージメント組織ストレスマネジメントチームビルディングメンタルヘルスコミュニケーション
10月8日
360度評価を失敗させないポイントとは?効果的に実施する方法をご紹介!
マネジメントモチベーションエンゲージメントコミュニケーションチームビルディングタレントマネジメントシステム1on1社員
CONTACT US!

もっと知りたい方や導入を検討している方など、お気軽にお問い合わせください。

©︎2021 wellday

まずはお気軽に
ご相談ください!