MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)の策定方法!注意点と実例も解説

組織コミュニケーション

「MVVって耳にするけど具体的に何を意味するのだろう?」
「ミッション・ビジョン・バリュー策定の具体的なポイントを知りたい」

企業の経営環境の不透明さが増す中で、企業として何を目指し、何を行っていくかを明示する重要性が高まっています。そのときに策定するのがMission、Vision、Valueの頭文字をとったMVVです。

今回の記事では、MVVの効果、策定時の注意点を紹介し、その上でMVVを設計する具体的な方法を解説します。また策定したMVVを組織に浸透させるコツ、実際に企業が策定しているMVVの例を紹介します。

効果的なMVVを策定して企業の生産力を向上させ、ブランディングや人材獲得を成功させるための参考にしてみてください

本記事のサマリー

  • MVVとは、Mission、Vision、Valueの頭文字をとったもの
  • MVV策定の効果は3つ(①生産性の向上、②ブランディング、③人材の獲得)
  • MVVの策定の3つの注意点(①わかりやすい言葉を使う、②市場の人にどう映るかを意識する、③時代と社会性を考慮する)
  • MVVの設計方法(①経営陣で自社に事業や思想を整理する、②ステークホルダーを分析する、③社員の意見を取り入れながら言葉を選ぶ)
  • MVVを組織に浸透させるためには、策定時に社内にアナウンスし、ホームページなど社員が常に閲覧できる場所に記載し、MVVと評価を連動させる)
  • MVVの実例(①株式会社ファーストリテイリング、②ソフトバンクグループ株式会社)

▶︎サーベイ不要のエンゲージメント改善サービス「wellday」詳細はこちら

MVVとは

はじめにMVVとは何かを確認していきましょう。MVVは次の3つの頭文字をとった言葉です。

1.Mission
2.Vision
3.Value

まずはこの3つの言葉の違いをイメージできるようになりましょう。Missionは、社会において企業が果たすべき使命としてのニュアンスの強い言葉です。言い換えると、社会における企業の存在意義です。Missionでは、企業が社会において何を実現するのかを表現します。

次にVisionは、Missionを実現するための企業の「あるべき姿」を指します。つまり、Missionを達成するためにどのような組織であるべきかを示すのがVisionです。

最後に、ValueはMissionやVisionを実現するためにメンバーがとるべき行動の指針を指します。そのためValueはMissionやVisionを実現するための手段としての側面が強くなります。Valueは、中長期的なものも定められますが、日頃の仕事に向き合う基準としても活用されます。

このようにMission、Vision、Valueはそれぞれが関連性をもっているため、MVVとして1つにまとめられて語られます。他にも似たような意味を持つ言葉があるので、次はそれらの違いを確認していきましょう。

企業理念との違い

MVVと似た意味を持つ言葉も少なくありません。次のものはMissionやVisionと近しい意味で使われる場合が多くなります。

●経営理念
●企業理念
●ステートメント
●ミッションステートメント
●フィロソフィー
●スローガン

また次の言葉はValueと近しい意味で使われます。

●行動指針
●クレド

このようにMVVと似た意味を持つ言葉は多いですが、重要なのは企業として具体的にどのような内容を定めるかという点です。具体的な内容が適切であれば、社内でそれをMissionと読んでも経営理念と読んでも問題はありません。ただし、壮大な経営理念のみを定めても、日頃の業務において従業員として何をなすべきかを伝えられないと元も子もないため、MVVのように三段構えで定めるのが良いでしょう。

▶社員の本音がわかる!従業員の不調に素早く対処する方法

MVV策定の3つの効果

Mission、Vision、Valueの違いがわかったところで、MVVを策定する効果を確認しましょう。MVVは効果を把握した上で戦略的に策定する必要があります

生産性の向上

MVVの1つ目の効果は生産性の向上です。前述した通り、MVVは企業の進むべき方向を示すものです。そのためMVVが明確に定められていると、企業としてどこに人、モノ、金、情報の4つのリソースを投入すべきかがわかるのです。

この点、MVVが不明確な場合はリソースを投入するポイントも曖昧になり、結果として企業のあるべき姿に辿り着くまでに時間がかかってしまう恐れがあります。またMVVは企業全体の方向性を示しますが、Valueは行動指針として従業員一人ひとりに働きかけます。

そのためMission、Vision、Valueが関連性をもって策定されると、経営者から従業員まで一貫して進むべき方向がわかるため生産性も向上します。

ブランディング

MVVの2つ目の効果はブランディングです。前述の通り、MVVは企業の内部に対して生産性向上という効果を生みますが、企業の外部に対するブランディングとしても機能します。市場において自社のとるポジションを決めることは事業戦略上の効果を持ちますが、MVVはそのポジンションを言語化する効果を持ちます。つまり市場および消費者に対して、自社が何を目指して何をしているのかを言語で伝えられるのです。

その上で、MVVを見てあなたの会社の商品・サービスを選択する人も出てきます。昨今の消費者は商品・サービスそのものの機能だけで購入するものを選択せずに、企業の思想やストーリーを加味して商品を選択する傾向があります。こうした消費者の購買行動に働きかけるブランディングとしてもMVVは重要です。

人材の獲得

MVVの3つ目の効果は、労働人口が不足していく時代に重要な人材獲得です。先ほど消費者は企業の思想やストーリーを加味しながら購入する商品・サービスを選ぶと述べました。実は、これは人が働く企業を選ぶ際も同じです。

つまり、MVVが明確な企業は、そのMVVに共感を持つ人材を集めやすくなります。また思想やストーリーの点で共感しているため、企業と人材のミスマッチも起こりにくくなるでしょう。このようにMVVを明確に策定できると、人材確保の効率も高くなる可能性があります。

▶︎welldayなら、AIが従業員の働きがいとストレスレベルを週次で可視化

MVV策定の3つの注意点

ここまでの内容で、あなたの会社で策定すべきMVVの姿がイメージできてきたでしょうか?ここでは、MVVの効果を最大限に発揮させるために策定の注意点を紹介します。

わかりやすい言葉を使う

MVVは企業の使命やあるべき姿を示すものであり、企業の内部や外部に対してポジティブな効果を発揮します。そのためMVVに使われる言葉はわかりやすく、内部や外部の人に誤解を与えないものである必要があります。この記事の後半でも企業のMVVの具体例を紹介しますが、いずれもわかりやすく、誤解を招かない言葉が選択されています。

わかりやすさという点では、MVVが長すぎてもいけません。経営に関する思いのすべてをMVVに入れようとすると、ついつい一つひとつが長くなってしまいます。しかし長すぎるがゆえにMVVが人に伝わらないのは元も子もないので、可能な限り切り詰めてシンプルなMVVを策定しましょう。

そのためには難しすぎる言葉を選択せず、多くの人が共感する言葉・表現を用いるのがおすすめです。

市場の人にどう映るかを意識する

わかりやすいMVVであっても、それが市場や消費者にネガティブな印象を与えてしまってはいけません。そのためMVVを策定する際は、それが外から見たときにどう見えるかを意識しましょう。ここにも経営者の苛烈な主義や思想を盛り込みすぎると、外から見たときにポジティブな印象に繋がらない恐れがあります。

前述の通り、MVVは企業のブランディングや人材獲得の効果を有するため、それらの効果を促進するような内容を定めるとよいでしょう。経営者のみで適切なものをイメージできない場合は積極的に現場の声を吸い上げていくのがおすすめです。

言葉を選ぶ際は、MVVを伝える相手が使う言葉を利用する観点も重要です。例えばMVVを利用して新入社員の獲得を加速させるのであれば、学校を卒業したばかりの人材に響く言葉を使う必要があります。

時代と社会性を考慮する

MVVは時代と社会性を反映したものでなければ市場にポジティブな印象を与えられません。例えば、今の時代にサービス残業、パワハラ、根性論を匂わせるような言葉を用いたMVVを策定すると、新入社員が集まらないどころではなく既存の商品・サービスにも悪影響を及ぼします。

昨今はMVVもホームページ上に公開されて、不特定多数の人の目に触れる状態となります。そのため、時代や社会性に反するようなMVVは知らずしらずのうちに市場に拡散され、企業の評価を落とす恐れがあるのです。MVVはシンプルでわかりやすく、時代と社会性を反映させて、市場と消費者の目にポジティブに映るものを策定しましょう。

▶︎従業員の不調に素早く対処!従業員のサーベイ回答負担を増やさず、リアルタイムに不調を検知

MVVの設計方法

ここまでの内容でMVVを策定する準備は整ったはずです。ここからはMVVを策定する具体的な手順を確認していきましょう。MVV策定は次の3つのステップで行います。

1.経営陣で自社に事業や思想を整理する
2.ステークホルダーを分析する
3.社員の意見を取り入れながら言葉を選ぶ

以下では1つずつ解説していきます。

経営陣で自社に事業や思想を整理する

MVVを策定する際は、いきなり言葉選びを開始するのはおすすめできません。適切な言葉とメッセージを選ぶためにも、まずは経営陣において自社の事業と思想を整理します。実際に、現在の市場において自社はどのような商品・サービスを提供しているのか、その先にどのような姿を思い描いているのか。こうした点を明確にする必要があります。

具体的には経営陣でディスカッションをしつつ、現場の管理職へのヒアリングも取り入れると良いでしょう。整理のフェーズでは、なるべく客観的にデータを集めていきます。主観と未来への理想を盛り込むのは3つ目のステップになります。

ステークホルダーを分析する

自社の事業と思想を整理した後は、ステークホルダー(企業の利害関係者)を分析していきます。市場において、自社はどのようなポジションをとっており、競合他社はどのようなポジションをとっているのかもふまえて分析していきます。さらには、株主、取引先、金融機関、消費者が自社に対して求めるものも分析していきます。

分析には3C分析を用いるのがおすすめです。3Cとは、Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の頭文字をとったもので、マーケティングの環境を分析するフレームワークになります。

3C分析では、次の3つをはじめに確認しましょう。

●顧客が自社に求めるもの
●競合他社のポジション
●競合のMVV

これらを把握しながら、自社の市場におけるポジションを定めていきます。さらに時代や社会性の要素も確認していきましょう。ここまでできると、自社のMVVとして市場に何を伝えるべきかが見えてくるはずです。

従業員の意見を取り入れながら言葉を選ぶ

ここまでの分析結果をふまえて、最後のステップでは自社の従業員の声も取り入れながらMVVに使う言葉を選んでいきます。従業員の全員を議論に加えるのが現実的でない場合は、現場の管理職を中心にヒアリングを行っていきましょう。経営層と現場では事業に対する感覚が違うこともあるので、そうした差異もふまえて自社のMVVに使う言葉を選んでいきます。

言葉を選ぶ際は前述した3つの注意点も念頭に置いてください。その上で叩きとなるMVVを作成し、それをさらにブラッシュアップしていきます。MVVの具体的な効果をイメージしながら適切なものになるまでブラッシュアップを繰り返しましょう。

▶︎welldayなら、AIが従業員の働きがいとストレスレベルを週次で可視化

MVVを組織に浸透させるコツ

MVVは策定したのみでは効果を発揮しません。MVVは企業内部や外部に浸透してはじめて効果を発揮するのです。そのため、まずは企業内部にMVVを浸透させるところから着手していきましょう。

MVVを企業内部に浸透させるためには、次の3つが重要です

●策定時に社内にアナウンスする
●ホームページなど社員が常に閲覧できる場所に記載する
●MVVと評価を連動させる

はじめにMVV策定時は、社内にしっかりとアナウンスしましょう。その際、MVVを策定した事実のみを伝えるのではなく、どういった目的で、Mission、Vision、Valueそれぞれの具体的な意味はどういったものかをふまえて丁寧にアナウンスをする必要があります。そうしてはじめてMVVの意味が従業員に伝わります。

さらに一度アナウンスしただけでMVVを企業内部に落とし込むことはできないので、MVVが従業員の目に触れる状況を意識して作るのもポイントです。具体的には、従業員が目にするホームページに記載したり、社員証の裏に記載したりします。

その上で、MVVと人事評価を連動させると、従業員の行動の基準とMVVが一致してきます。例えば、成果や売上の数字のみで従業員を評価せず、MVVに沿った行動があった場合、それが必ずしも成果を挙げずとも一定の評価をしていきます。

これらを繰り返すと、MVVが企業の内部に浸透していきます。そして従業員一人ひとりの行動もMVVに沿ったものとなり、企業としての一体感が生まれます。

▶︎サーベイ不要のエンゲージメント改善サービス「wellday」詳細はこちら

MVVの実例

記事の最後では、MVVの実例を確認していきましょう。ここでは2つの企業の例を紹介します。

株式会社ファーストリテイリング

日本を代表するアパレルブランド「ユニクロ」を展開する株式会社ファーストリテイリングのMVVは次の通りです。

ファーストリテイリング

【出典】株式会社 ファーストリテイリング

ファーストリテイリングのMVVは非常にシンプルです。Missionでは、服・常識・世界という変える対象をシンプルに記載しています。そのうえで、それらを具体化するイメージでVisionを定めています。またValueは行動基準として用いるものをわかりやすく4点列挙しています。

MVVがシンプルかつ明確なので、従業員は自らの行動指針をどこに置くべきかわかりやすいですし、また外部者から見たときにファーストリテイリングが何を目指しているかもわかりやすくなっています。

ソフトバンクグループ株式会社

続いて紹介するのはソフトバンクグループ株式会社のMVVです。

ソフトバンク

【出典】ソフトバンク株式会社 

ソフトバンクグループのMVVも非常にシンプルです。ソフトバンクグループは事業の幅も広いため、それに対応するようにVisionも幅広い範囲をふまえたものとなっています。一方で、Missionではソフトバンクグループが「情報」に立脚する姿勢が明示されている点が特徴です。さらに、Valueはファーストリテイリングと同様にシンプルな列挙で構成しています。

まとめ

今回の記事では、MVVを策定するために必要な情報を解説しました。MVVは、Mission、Vision、Valueの頭文字をとったもので、企業の使命、あるべき姿、行動指針を示します

適切に策定されたMVVは企業の生産性を向上させ、ブランディングおよび人材獲得の効果が期待できます。こうした効果を発揮させるために、MVVはわかりやすい言葉を用いて、市場にどのように映るかを意識し、時代と社会性を反映さえたものにしましょう。

MVVを策定するためには、経営陣で事業と思想を整理した上で、ステークホルダーを分析し、現場の従業員の意見も取り入れながら具体的に用いる言葉を決めていきましょう。そのうえでMVVが社員の目に触れるところに常にあり、MVVと評価が連動すると組織への浸透も早くなります。

記事で紹介したファーストリテイリングとソフトバンクグループのMVVを参考にしながら、自社に適切なMVV策定に着手してみてください

マネジメントでお悩みの方はこちらの記事もチェック!

生産性を向上させるポイントを確認
▶︎生産性を上げる方法とは? 個人・チーム・リモートワークで生産性を上げる方法を解説!

組織改善を実現するフレームワークを紹介
▶︎組織改善はコンサル依頼の前にフレームワークで自社対策!

従業員のモチベーションをアップさせる働きがい
▶︎働きがいのある会社とは?意味や特徴、取り組み事例を紹介

【はたらく人の実情を客観的指標で視覚化し、従業員課題を解決!】

●Slack / Teamsでのテキストデータから従業員のワーク・エンゲージメントの予測が可能。

●従業員それぞれのエンゲージメント・スコアを可視化し、改善策がまとまったライブラリーを提供。

●安心安全のセキュリティ。すべての通信は暗号化され、データは厳重に保護されたデータセンターに保管。

関連する記事

9月27日
【参考例あり】組織開発とは?!3つのフレームワークと6つのプロセスを解説
組織コミュニケーションタレントマネジメント職場環境
9月1日
意識改革が企業を変える!実行プロセスと3つの成功ポイントを解説
組織コミュニケーションモチベーション生産性向上チームビルディング
8月23日
ジョブローテーションを採用するメリットとは?導入方法まで解説!
タレントマネジメント組織
8月18日
会社の福利厚生にはどのような種類がある?充実させるメリットも解説
職場環境ウェルビーイング
6月29日
産業医を初めて選任する会社向け!選任の必要性、仕事内容や役割を解説
退職早期離職離職率ストレスチェック退職兆候
7月14日
【例文あり】行動指針で会社が成長!作成・浸透の3つのポイントと定めるメリット
組織コミュニケーションチームビルディング組織
CONTACT US!

もっと知りたい方や導入を検討している方など、お気軽にお問い合わせください。

©︎2021 wellday

まずはお気軽に
ご相談ください!