コーピングとは?メンバーのストレスマネジメントで活用する方法を解説

モチベーションストレスチェック

令和3年(2021年)の厚生労働省の調査によると、「現在の仕事や職業生活に関することで、強い不安やストレスとなっていると感じる事柄がある」と回答した労働者の割合は53.3%でした。主なストレスの内容は多いものから「仕事の量」43.2%、「仕事の失敗、責任の発生等」33.7%、「仕事の質」が33.6%となっています。
※【出典】令和3年(2021年)「労働安全衛生調査(実態調査)の概況」

仕事に対するストレスを感じている人は、実に半数以上という近年の状況を受け、企業の従業員へのメンタルヘルス対策の必要性は年々増加傾向にあります。このような風潮の中、従業員が抱える仕事に対するストレスの解消・軽減のために「コーピング」に注目し、対策として取り入れる企業も数多くあります。

ストレスに対する問題解決のための対処法である「コーピング」とは、一体どのようなものなのでしょうか。本記事では、「コーピングとは何か?なぜストレスに効果的なのか?」といった心理学的な背景から、「どのようにしてコーピングを取り入れれば良いか?」という具体的な実例まで、わかりやすく解説します。

本記事のサマリー

  • 「コーピング」「ストレスコーピング」とは、ストレスを認知し対処するための行動を意味するメンタルヘルス用語。
  • ストレスの要因に対しての受け止め方や対処法によって、ストレスの感じ方、ストレス反応が異なる。コーピングを実施することでストレスを回避したり、軽減したりすることができる。
  • コーピングには、ストレスの原因となる問題を解決することに重点を置く「問題焦点型コーピング」、ストレスを感じたときの感情のコントロールに重点を置く「情動焦点型コーピング」など様々な種類がある。
  • ストレスとうまく付き合っていくためには、自分のストレス解消法やポジティブな内容を書き出しリスト化する「コーピングリスト」も有効である。
  • メンバーマネジメントにおけるコーピングの方法は、メンバーとの対話や研修によるストレス耐性の強化、風通しの良い職場環境づくりなど様々だが、メンバー個々によってストレスの感じ方が異なるため一人ひとりの状況にあわせることが大切。
  • メンバーそれぞれの状況を把握するためのひとつの方法として、AIがメンバーのストレスレベルをリアルタイムで分析・週次で可視化する「wellday」が有用である。

▶︎サーベイ不要のエンゲージメント改善サービス「wellday」詳細はこちら

コーピングとは。その意味

「コーピング」「ストレスコーピング」とは?

コーピングとは、「問題を対処する」という意味で、メンタルヘルス用語では「ストレスに対処するための行動」を意味します。ストレスに対処する方法全般を指し「ストレスコーピング」と呼ぶこともあります

ストレスにコーピングが有効な理由

心理学者のラザルスらが提唱した心理的ストレスモデルによると、ストレスには何かしらの外部からの刺激や個人内の変化などの要因があると考えられています。このストレス要因のことを「ストレッサー」と言います。

人はストレスを感じると心理面・行動面・身体面でストレス反応が表れると言われています。心理面では、怒りや悲しみ、憂鬱、不安や緊張といった感情が生まれ、気持ちの切り替えがしづらくなったり、幸福感や自己肯定感を感じづらくなったりといった変化が見られます。行動面では、人との争いがちになる、過食などの食習慣への影響、喫煙や飲酒などの生活習慣への影響などが考えられます。このような行動変化が身体に影響を与えるだけでなく、ストレスからくる自律神経などの乱れから動悸、過呼吸などの症状が見られることもあります。これらのストレス反応は、ストレッサーに対する本能的な防衛反応とも言われています。

ストレッサーをストレスの要因であると認知するには、2段階のプロセスがあると言われています。

一次的認知評価
一次的認知評価とは、ストレス要因にさらされたときにそれが自分にどれくらい害をもたらすか?ストレスとなりうるか?を判断するプロセスのことです。このときに、不安やイライラなどのネガティブな感情が喚起されると言われています。

例えば、「やるべき業務が溜まりすぎていて不安になる」ということはないでしょうか。この場合、「やるべき業務が多いこと」がストレスの要因=ストレッサーということになります。

この段階で、ストレッサーが「自分にとって害はないもの」と受け止められればストレス反応は起こりません。逆に、ストレッサーが「自分にとって有害なもの」と受け止めた場合には、次のプロセスに進みます。

二次的認知評価
次のプロセスとなる二次的認知評価では、ストレス要因に対しストレスを軽減するためにコントロールできるか?解決できるか?という対処法を検討するプロセスに入ります。

先ほどの例で考えてみましょう。「やるべき業務が多い」というストレス要因に対して、「業務を終わらせる」「周囲の人と業務を分け合う」などの問題解決ができればストレスから解放されます。しかし、対処法が見つからない場合には、ストレスが高まってしまいます。

このように、ストレスの要因となるストレッサーに対しての受け止め方や対処法によって、ストレスの感じ方は全く異なります。ストレスを認知し解決に向けた行動をすること、すなわちコーピングを実施することでストレスを回避したり、軽減したりすることができるのです

▶社員の本音がわかる!従業員の不調・ストレスに素早く対処する方法

コーピングの種類

コーピングには様々な種類がありますが、近年では主な分類として、ストレスの原因となる問題を解決することに重点を置く「問題焦点型コーピング」、ストレスを感じたときの感情のコントロールに重点を置く「情動焦点型コーピング」の2種類、あるいはストレスから離れ趣味などに没頭する「気晴らし型(ストレス解消型)コーピング」の3種類に分類されると考えられているようです。

1.問題焦点型コーピング

直面している問題に対し、自分の努力や周囲の協力を借りて解決や対策をたてる対処行動を指します。ストレス要因そのものの問題解決をすることで、根本的な解決につながりやすいと考えられます。

2.情動焦点型コーピング

問題に対してではなく、自分の感情に対して向き合いコントロールする対処行動を指します。例えば、大切な人を亡くしてしまったときなど、問題そのものの解決が難しい場合などに適した方法とも言われています。

3.気晴らし型(ストレス解消型)コーピング

いわゆる“ストレス解消法”と言われるような、運動、趣味、リラクゼーションなどで気分転換やリフレッシュする対処行動を指します。

4.認知的再評価型コーピング

直面している問題に対して、見方を変えて良い方向に考える、一度距離を置くなど認知の仕方を変える対処行動を指します。

5.社会的支援型コーピング

上司や同僚、友人や家族など誰かに相談しアドバイスを求める対処行動を指します。

▶︎welldayなら、AIが従業員の働きがいとストレスレベルを週次で可視化

コーピングの方法。具体例3選

ここからは、コーピングの具体的な実践方法の例をいくつか紹介します。コーピングの実践イメージを深めることで、自身のストレス耐性を強化するだけでなく、メンバーへのストレスマネジメントにも活用できますので、参考にしてみてください。

例1.問題解決のために行動を起こす

「長時間労働がつらい」などのストレス要因がはっきりしている場合には、業務効率をあげる方法を考える、仕事の納期を延長する、業務を複数人で振り分ける、などの直接的な問題解決に取り組むと良いでしょう。

上司や同僚に「自分は困っている」というアラートを出し、周囲に協力を仰ぐこともコーピングの一種です。担当を変えてもらうといった回避行動も広い意味では、問題焦点型コーピングに含まれると考えられます。

また、直接的な問題解決につながらなくても、話を聞いてもらい苦しい状況をわかってもらうだけでも情動焦点型コーピングにつながり、精神的に楽になるということもあります。

例2.ネガティブな意識をポジティブに転換する

「これまでと違う業務を任された」「部署が異動になった」など環境変化によるストレスには、早く業務に慣れるような工夫をするという問題焦点型コーピングのほか、物事の見方を変える認知的再評価型コーピングを試すのもひとつの方法です。

例えば、「この業務を任されたのは自分のこれまでの仕事が評価された結果だ」「部署が異動になったことで新しい経験を積むことができる」など、意識を変化させてポジティブに捉えるようにします。

自主的に意識を変えるだけでなく、周囲の人からそのような前向きな言葉をかけられることで、よりポジティブに問題を受け止めることがしやすいでしょう。

また、意識の転換を習慣づけるために「輪ゴムテクニック」という手法もあります。これは、手首にはめた輪ゴムをはじいて刺激を感じる度に「ネガティブな感情はここで終わり」と自分に言い聞かせることで、ネガティブ→ポジティブへの思考の切り替えを癖づけるというものです。

あくまでも自分なりの“気持ちの切り替えスイッチを作る”ことが目的なので、輪ゴムによる刺激でなくても問題ありません。気持ちのコントロールをしやすい方法で取り入れると良いでしょう。

例3.コーピングリストを作成する

ストレス社会と言われる現代では、日常的に様々なストレッサーにさらされています。例えば、心理的なストレスを感じていなくても、「忙しくしていて十分な睡眠時間が取れていない」「暑い・寒いと感じる」などといった生理的なもの、物理的なものもストレスの要因となり得ます 。

このような日常的に起こりうるストレスとうまく付き合っていくための方法として「コーピングリスト」が挙げられます。「コーピングリスト」とは、自分のストレス解消法やポジティブな内容を書き出しリスト化したものです。

【リストアップ例】
・好きなもの
・信頼できる人
・気分が晴れること
・自分の良いところ
など

何かストレスを感じたら「コーピングリスト」を開き、「好きなもの」に書き出した音楽を聴く、「信頼できる人」に書いた人に話を聞いてもらう、などの行動に移します。その後、感じていたストレスが実際に軽くなったかを振り返ることで、今後の効果的なコーピングの方法を見つけていくことができるでしょう。

▶︎従業員の不調に素早く対処!従業員のサーベイ回答負担を増やさず、リアルタイムに不調を検知

メンバーマネジメントにおけるコーピング

最後に企業が組織としてメンバーのメンタルヘルスケアとしてコーピングを導入する方法をいくつか紹介します。

「メンター制度」で相談しやすい環境をつくる

メンター制度とは、所属部署の上司ではない先輩社員(メンター)が後輩社員(メンティー)の相談役となりサポートをする制度です。

メンティーにとっては、実業務の評価への影響を気にせずに、困っていることや仕事の悩みなどのストレスを吐き出しやすい、というのがメンター制度のメリットのひとつです。メンバーの相談しやすい環境づくりの一環として取り入れられると良いでしょう。

「1on1」で問題整理や意識転換をする

1on1とは、上司とメンバーが1対1で行う定期的なミーティングのことです。

ミーティングでは、メンバーが日々の業務の中で感じている課題感や業務経験で感じたこと、今後のキャリアの展望などの話を幅広く聞きます。1on1は、上司がフィードバックをする場ではなくメンバーが話をすることに重きを置いた対話型のコミュニケーションの場となります。

自分の言葉で語り、上司に話を聞いてもらうことで問題点の整理をしやすいほか、メンバーの意識がマイナス方向に向いているときには、前向きな意識への転換を上司が手伝う機会にもなります。

「研修」などでメンタルトレーニングを取り入れる

メンバー自身のストレス耐性を向上させるために、メンタルトレーニングができるような研修や講習会を実施するのもおすすめです。メンタルトレーニングは繰り返し学ぶことが効果的なので、インターネット上で学習できる「e-ラーニング」を活用するのもひとつの方法です。

ストレス解消となる「ランチ会」などを開催する

ときには仕事から離れ、昼休みのランチ会など気晴らしになるようなイベントを開催するのも良いでしょう。

仕事以外でコミュニケーションをとる機会を作ることでプライベートの話がしやすく、お互いの距離が近づく良い機会になります。普段の業務中にも相談がしやすくなるため、ストレスが溜まりにくい職場の環境づくりの一助にもなるでしょう。

「オフィス環境」にメンバーの希望を取り入れる

空調がきいていない、冷暖房が効きすぎているなど、快適に働けないオフィス環境がストレスになる可能性も考えられます。

口頭では言いにくいことも考えられるため、定期的にオフィス環境に関するアンケートを実施するのもおすすめです。現場の声が反映されることで、職場に対する満足感にもつながりますので、メンバーの希望をヒアリングする機会は積極的に設けられると良いですね。

「心理カウンセリング」で専門家と話す場を設ける

メンタルヘルスケアのため、産業医や専門カウンセラーによる心理カウンセリングが受けられる環境を整えている企業も数多くあります。

コーピングやストレスマネジメントに精通しているカウンセラーとの面談によって、上司やメンバー自身とは違う視点でのアドバイスを受けることができます。定期的にカウンセリングを実施することで、ストレスチェックにも役立ちます。

▶︎welldayなら、AIが従業員の働きがいとストレスレベルを週次で可視化

まとめ

この記事では、ストレスへの対処法となるコーピングについて解説をしてきました。ストレスを我慢して解消しないまま溜め込んでしまうと、仕事へのパフォーマンスが低下するだけでなく、心身の健康を損なうリスクがあります。

同じ出来事でもストレスの感じ方には個人差があります。これは、メンバーごとにストレスに対する受け止め方やコーピングスキルが異なるからです。一人ひとりのメンバーに適したストレスマネジメントを行うためには、定期的な対話はもちろん、日常的にメンバーの状況にしっかりと気を配る必要があります。

エンゲージメント改善サービス「wellday」を使うと、チャットツールのテキストデータをもとに、AIがメンバーのストレスレベルをリアルタイムで分析、ストレスレベルをスコア化し週次で可視化します。特に不調を感じているメンバーがいればアラートを拾うことができるため、早期の段階での対策も可能となります。

現場のストレスマネジメントに、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

▶︎サーベイ不要のエンゲージメント改善サービス「wellday」詳細はこちら

マネジメントでお悩みの方はこちらの記事もチェック!

メンバーの無気力の原因は「燃え尽き症候群」かも…?
▶︎燃え尽き症候群(バーンアウト)とは?早期に気づくための対策や回復方法を解説

カウンセリングでは何を話し何が解決できるのか?
▶︎カウンセリングとは?受けるべき人、効果などを解説

ストレスマネジメント、メンバーへのアプローチ方法は?
▶︎ストレスマネジメントとは?コーピングや会社での施策についてご紹介!

【はたらく人の実情を客観的指標で視覚化し、従業員課題を解決!】

●Slack / Teamsでのテキストデータから従業員のワーク・エンゲージメントの予測が可能。

●従業員それぞれのエンゲージメント・スコアを可視化し、改善策がまとまったライブラリーを提供。

●安心安全のセキュリティ。すべての通信は暗号化され、データは厳重に保護されたデータセンターに保管。

関連する記事

5月26日
従業員満足度とは?向上の方法や企業事例をご紹介!
従業員満足度社員アンケート
6月1日
燃え尽き症候群(バーンアウト)とは?早期に気づくための対策や回復方法を解説
退職早期離職ストレスチェック
5月29日
自己肯定感が低い人の特徴や接し方は?高める方法も解説!
タレントマネジメント離職ストレスチェックストレスマネジメント
6月19日
リフレーミングとは?5つの効果とマネジメントへの活用方法を解説!
組織コミュニケーション1on1ストレスチェックリモートワークマネジメントマネジメント
7月29日
エンゲージメントとは?社員のエンゲージメントを向上させるメリットと方法を解説
サーベイ従業員満足度社員アンケート組織エンゲージメント社員
10月8日
ストレスマネジメントとは?コーピングや会社での施策についてご紹介!
マネジメントメンタルヘルスストレスチェックストレスマネジメント
8月19日
メンタルヘルスケア4つの方法とは?管理職と従業員が取り組むべき実行方法を解説
職場環境ワーク・エンゲージメント組織ストレスマネジメントメンタルヘルス
1月13日
メンタルヘルス・マネジメント検定試験を徹底解説!【2021年最新版】
メンタルヘルス・マネジメント試験メンタルヘルス
CONTACT US!

もっと知りたい方や導入を検討している方など、お気軽にお問い合わせください。

©︎2021 wellday

まずはお気軽に
ご相談ください!